味が物足りない

紙タバコと同じ味を期待するとがっかりする

電子タバコは、紙タバコと同じ味を求めると期待外れになる可能性があります。紙タバコのように葉を燃やす仕組みにはなっていないため、まったく同じ味や香りを出すことはできません。また、吸った感じが「軽い」と感じてしまうかもしれません。紙タバコを吸うと喉がぎゅっと刺激されるような感覚がありますが、この刺激はニコチンによるものです。電子タバコにはニコチンがないため、物足りなさを感じてしまうのです。日本では現在、ニコチン入りのリキッドの販売は禁止されているので、入手することはできません。ニコチンの個人輸入は、法律では認められていますがあまりおすすめしません。ニコチンは扱いを間違うと数ミリで致死量に達してしまうので、正しい知識が必要です。

禁煙グッズとしては活躍する

電子タバコは紙タバコに比べて物足りない感じがしますが、禁煙を考えている人にとっては良いでしょう。煙を吸って吐き出すという、紙タバコと似た行為をすることで気分を満足させることができます。電熱線を使って色んなタイプの味や香りをつけたリキッドを気化させる仕組みとなっており、タールやニコチンを含まない分、体への悪影響は少ないです。ただ、どれだけ似せても紙タバコの味や香りを完全に再現することは難しいでしょう。ニコチンなしで紙タバコ独特の良さを引き出すのは困難です。電子タバコは、体への影響を考えると良い選択肢かもしれませんが、嗜好品としての役割は果たせていないかもしれません。紙タバコで慣れてしまった人にとっては、十分に満足できないでしょう。