買える場所が少ない

コンビニや自販機で買えない

喫煙をする人はタバコを吸うためにタバコを買わなくてはいけません。今は喫煙人口が減っているもののかつては成人男性の多くが吸っていた経緯もあり、タバコが売られている場所は比較的多いです。自動販売機は街中でも設置されていますし、コンビニでも購入できるでしょう。では同じタバコの名が付く電子タバコはどこで買うかですが、今のところは専門店で買うかネット通販を利用して買わなくてはいけません。電子タバコを売る自販機はなく、コンビニでも買える店はあるもののそれほど多くなく種類も少なくなります。電子タバコは加熱をするための本体と香りの元になるリキッドが必要で、専門店であればそれらを一緒に買えます。安く買いたいならネットを利用するといいかも知れません。

ニコチン入りは輸入するしかない

タバコは健康に悪いからと禁煙を考えている人も多いでしょう。ただいきなりやめても口さみしいのでタバコに似た別の嗜好品を探すかもしれません。その人にぴったりのものとして電子タバコがあります。バッテリー付きの本体とリキッドを購入し、リキッドを加熱水蒸気化してそれを吸って楽しみます。ただし日本製のリキッドにはニコチンが含まれていないので、禁煙目的で利用を考えている人だと物足りなさを感じるときがあります。一応海外ではニコチン入りのリキッドが売られていて、それを利用すればタバコからスムーズに移行できそうです。ただし海外から個人輸入しないといけないので手続きなどはそれなりに複雑になります。このような手間を考えた場合、ニコチン入りは我慢しないといけないかもしれません。