普通のタバコよりも健康にいい

ニコチンの含まれていない蒸気を吸い込む

電子タバコは紙巻たばこに比べると、健康を害する可能性は極めて低いです。紙巻たばこを吸うと、ニコチンやタールを摂取してしまいますが、電子タバコはこれらを含有していません。電子タバコはニコチンやタールの代わりに、蒸気を吸い込みます。フルーツやメンソールなどの味がするリキッドが販売されており、これを電子タバコで蒸気にして吸うという仕組みになっています。肺に吸い込んだとしても、蒸気を吸い込むだけなので紙巻たばこを吸っているときのような健康被害を起こしません。間違いやすいのですが、電子タバコは加熱式のタバコとも別物です。加熱タバコは電子タバコと同じように器材を使いますが、煙草の葉を加熱してこの蒸気を吸い込みます。ちなみに、日本ではニコチン入りリキッドの販売や譲渡は禁止されています。

周りに迷惑がかからずコスパも良い

周囲にいる人の健康にいいのも電子タバコです。紙巻きたばこを吸うと煙が発生し、周りにいる人がこの煙を吸い込むことで健康を害する可能性もあります。受動喫煙と呼ばれ近年問題になっています。この点電子タバコならフレーバーのついた蒸気を吸うだけなので、周りに迷惑をかけません。禁煙に挑戦しているけど口元が寂しいな、といった方は電子タバコを試してみるのもいいかもしれません。蒸気を吸い込むことで、タバコを吸っている感覚を味わえるでしょう。電子タバコなら、ニコチンは入っていないので禁煙を破ることにはなりません。電子タバコはコスパが良いのもメリットです。電子タバコ本体は10000円ほどするものもありますが、一度購入すると長い間使用していけます。