電子タバコのメリット

普通のタバコよりも健康にいい

リーズナブルな価格

煙が気にならない

ニコチンとタールを含まない

電子タバコは、アトマイザー、バッテリー、カートリッジのパーツで構成されています。カートリッジに入ったリキッドを加熱し、その水蒸気を吸うという仕組みです。火は使いませんし、灰や吸い殻も出ません。リキッドには様々なフレーバーがあり、求めたい気分によって変えることができます。しかも、日本国内で販売されているリキッドは、タールだけではなくニコチンも含まれていません。電子タバコとよく間違えられるのが加熱式タバコです。加熱式タバコは、タバコの葉を加熱して発生させた煙を吸う仕組みになっています。紙巻タバコよりもずっとタールを抑えられますが、ニコチンを含んでいます。そのため、禁煙のためのアイテムとしては電子タバコのほうが優れています。

大切な人を煙害から守ることができる

フレーバーのなかには紙巻タバコに似たものもありますし、加熱式タバコよりも大量の煙を堪能できます。煙といっても水蒸気ですので体への負担は抑えられます。愛用者の健康管理に向いていることはもちろんですが、一緒に暮らしているパートナーや子供たち、車に同乗する友人知人を副流煙から守ることができます。紙巻タバコのスモーカーが近くにいると、着ている服や髪の毛にも臭いがつきます。直接、鼻や口から吸いこむだけでなく、付着した煙も時間をかけて吸っていることになるのです。自身がスモーカーではなくても、健康被害を起こす可能性があり、他人事ではありません。その点、電子タバコなら、受動喫煙の被害を気にすることなく安心して楽しめます。車のなかで吸っても臭いはつきませんし、換気扇の下で吸う煩わしさからも解放されます。

電子タバコのデメリット

メンテナンスの手間

「電子タバコ」は、さまざまな風味のついたリキッド(液体)を電力で気化させて、発生した蒸気を吸って楽しむ嗜好品です。リキッドを本体に補充するもの、専用カートリッジを取り替えてリキッドを交換するもの、…

味が物足りない

電子タバコは、紙タバコと同じ味を求めると期待外れになる可能性があります。紙タバコのように葉を燃やす仕組みにはなっていないため、まったく同じ味や香りを出すことはできません。また、吸った感じが「軽い」…

買える場所が少ない

喫煙をする人はタバコを吸うためにタバコを買わなくてはいけません。今は喫煙人口が減っているもののかつては成人男性の多くが吸っていた経緯もあり、タバコが売られている場所は比較的多いです。自動販売機は街…